粉せっけんと合成洗剤

環境問題が盛んに話題になる今日このごろですが、毎日使っている洗濯石鹸も色々な製法を工夫するようになっています。 近頃目立つのが、天然油脂を原料とした粉せっけんです。 牛油やヤシ油を原料としたせっけんを粉末にしたもので、いろは少々黄色っぽい。水もあまりよごさないし手にもやさしいということで随分と歓迎され ています。 一方合成洗剤の原料は石油です。オイルショックの時に洗剤も値上がりするのはこのためで、これにいろいろな助剤を加えて、使いやすく、汚れが  おちやすくしたものが合成洗剤と言われるゆえんです。 原料から考えると、環境にやさしいのは粉せっけんの方ですが、残念なことに、汚れの落ち方が若干弱いという欠点があるのもたしかです。 環境へのやさしさをとるか、汚れの落ち具合をとるか人によって違ってきますがその人の性格まで表しているようです。