化学繊維と合成繊維

化繊という略称の方がなじみのある化学繊維はベンベルグ、レーヨンなどがありますが、合成繊維が登場するまでは安物の代名詞でした。 製法は薬品で植物繊維を溶かし糸状にノズルから引き出して固めるというもので、。再生繊維ともいいます。 一方、ポリエステル、ナイロンなどの合成繊維は石油や石炭の中の分子量の小さな化合物から分子量の多い化合物を人工的に作り出し、これを とかしたものを糸状にして作ります。 アメリカのデュポン社が1938年に「石炭と空気と水からでき、クモの糸よりも細く、鋼鉄よりも強い」というキャッチフレーズで売り出し現在もおなじみ の繊維です。