ひやむぎとそうめん

ひやむぎとそうめんこれほど見かけがにている食べ物はないといえるでしょう。お店でそうめんをたのんだのにひやむぎらしきものが出てきた時 自信を持って抗議出来る人はそうはいないのではないでしょうか? 事実、製法をみても、この2つには全然差がありません。どちらも、小麦粉に塩を加えて水でこねて薄くのばして細く切ったものということになります。 似ている2つですが決定的なちがいがあります。国の決めたJASです。これによると、そうめんは角棒状で太さ0.7~1.2ミリ、丸棒状で太さ0.8~1.3 ミリ、ひやむぎの方は角棒状で1.2~1.7ミリ、、丸棒状で1.3~1.7ミリと決められています。そして、これより太いものは「うどん」と総称されている。 そうめんとひやむぎの違いまできめてくれるなんて日本のお役所はなんと親切なことでしょう。しかし、要するに、太いのがひやむぎ、細いのがそうめ んというわけです。ただし、この基準はメーカーで守られているものなので、普通の食べ物屋さんではいささか怪しくなります。